産業用途/組込み用途向け SATADOM(Serial ATA Disk On Module)

アドテックがご提供するSATA DOM(Serial ATA Disk On Module)は、世界で最も小型でかつ独自に開発された技術を搭載しております。
外部ケーブルからの電圧供給を必要とすることなく機能を強化し、様々な用途やマザーボードにあわせることができるよう設計されています。
さらにSATA III(6.0Gb/s)をサポートし、より高速なデータ転送を実現しています。容量も1GBから128GBまでの幅広い選択が可能です。

産業用途に特化した高い信頼性

産業機器向けに特化した仕様の製品を専門の開発チームにより開発。
温度試験や振動衝撃試験などの信頼性試験を実施し、産業機器向け製品として高い信頼性の確保に努めております。

使用用途や環境に応じてのカスタマイズが可能

搭載する機器やご利用の環境に応じて、搭載部品や仕様をカスタマイズすることが可能です。お客様のご要望に即した最適な製品をご提案いたします。
ご採用いただいた製品は、仕様固定(使用部品・ファームウェア等)にて生産、出荷いたします。
また部品終息等にともなう仕様変更が発生する際は、事前通知の上、ご承認いただいた後に変更いたします。

製品輸出関連および環境関連等の資料ご提供

製品に関する輸出関連資料(該非判書、EAR判定書等)や環境関連資料(RoHS証明、JAMP、JGPSSI等)の提出にも対応しております。必要に応じてご請求ください。

高信頼性をサポートする技術

スタティックウェアレベリング機能

フラッシュ製品に搭載されているNANDフラッシュは、ブロックと呼ばれる単位でデータの保持を行っております。
このブロックには消去回数に制限があるため、特定のブロックに対し書き込み等が集中しないよう、フラッシュ全体のブロックに対し平均的にデータを書き込む「スタティックウェアレベリング」機能をコントローラのファームウェアで持たせることにより、フラッシュの書き換え耐性を向上させています。

内部エラービット検出機能

リードディスターブおよびデータリテンション対策として、内部エラービット検出機能により、一定の基準条件に達したブロックについてベータを別ブロックに移動処理してデータ保持能力を改善しています。

独自機能の電源断対策機能

意図しない電源断への対策として、独自の電源断対策機能を搭載しています。
書き込み等動作中の電源断時に電圧降下を検知すると、NANDフラッシュへのアクセスを停止する等の処理を行い、格納済みデータの保全を行います。

寿命検知のための専用ツールをご提供

専用ツールをご使用いただくことで、評価時の寿命予測が可能となります。
またお客様のシステムへの機能統合等もカスタマイズにより対応可能ですのでご相談ください(APIおよび仕様を公開いただく必要がございます)。

仕様

モデル名 SATADOM-SV 3SE
インターフェイス SATA III(6.0Gb/s)
形状 垂直
タイプ SLC
容量 1GB~32GB
最大チャネル 2
読み込み速度 最大 300MB/sec
書き込み速度 最大 130MB/sec
最大消費電力 0.6W(5V x 130mA)
H/Wライトプロテクト なし
Pin7 電源 あり
ATAセキュリティ あり
S.M.A.R.T. あり
寸法 20.9(W) x 39.5(L) x 7.9(H)mm
振動耐性 20G@7~2000Hz
衝撃耐性 1500G@0.5ms
MTBF 300万時間
保管保証温度 −55~95℃
動作保証温度 標準:0~70℃
温度拡張品(オプション):-40~85℃

仕様

モデル名 SATADOM-SH 3ME
インターフェイス SATA III(6.0Gb/s)
形状 水平
タイプ MLC
容量 4GB~32GB
最大チャネル 1
読み込み速度 最大 100MB/sec
書き込み速度 最大 40MB/sec
最大消費電力 0.6W(5V x 125mA)
H/Wライトプロテクト なし
Pin7 電源 あり
ATAセキュリティ あり
S.M.A.R.T. あり
寸法 18.0(W) x 30.3(L) x 12.5(H)mm
振動耐性 20G@7~2000Hz
衝撃耐性 1500G@0.5ms
MTBF 300万時間
保管保証温度 −55~95℃
動作保証温度 標準:0~70℃
温度拡張品(オプション):-40~85℃