法人向けドライブレコーダー

法人向けドライブレコーダー

ドライブレコーダーの導入相談から取付までおまかせください

事故処理の迅速化

ドライブレコーダーは、映像や音声などを記録する車載装置です。
万が一事故にあった場合でも、事故発生時の状況が人の記憶ではなく映像の記録として残っているので、客観的な証拠品となり事故処理が迅速に進みます。

安全運転の指導・教育

また不注意や荒い運転などが引き起こす「ヒヤリハット」の映像は、後から客観的に確認できるので、あらためて安全運転に対する意識を向上させるための指導・教育にも活用できます。

業務用ドライブレコーダーをご提供

アドテックは、業務用ドライブレコーダーを法人のお客様へご提供しております。
ドライブレコーダーを導入したいが、どんな機能をもった製品を選んだら良いか分からない、取付や運用構築までまかせたい、導入前の段階から相談にのって欲しいなど、どんなお悩みにもお応えいたします。

アドテックがご提案するドライブレコーダーの導入事例

倉庫や工事現場などで活用(主な取付対象:フォークリフト、重機など)
配達業務などバイクで移動する業務で活用(主な取付対象:原付、バイク)
タクシー、トラックなどの商用車や社用車などで活用(主な取付対象:自動車)

倉庫や工事現場などで活用(主な取付対象:フォークリフト、重機など)

倉庫や工事現場などで活用

物流倉庫などで使われるフォークリフトや工事現場で活躍するブルドーザやクレーン車などは、操作ミスや運転ミスなどによって起こる物損事故や人身事故が多数報告されています。そして一度事故が起きてしまうと事業者は損害賠償責任が発生し、顧客からの信用も失墜してしまいます。
そこで事業者は、運転者に対して運転操作技術を適切に指導および監督することが求められています。

運転者は、普段から安全運転を心掛けているものの、少なからず自分だけは大丈夫といった自信もどこかにあります。そして「多分大丈夫だろう」「いつもなら大丈夫」といった心のスキマから発生するヒヤリハットが原因で、重大事故を起こしてしまうことも珍しくありません。
ドライブレコーダーを取り付けると、運転者は「自分の運転を撮影されている」という緊張感から、今まで以上に安全を気にするようになります。ドライブレコーダーは、運転者の安全意識をより一層高めることができるのです。

ドライブレコーダーは、運転者の日常の運転操作を記録しますので、本人が気付かない運転の癖や作業ルールを順守しているかなどを後から確認できます。
危険を予測および回避するためには、記録映像を解析した上で、現場環境の改善や作業方法の見直しを行ったり、安全講習を実施するといったことがとても重要です。

配達業務などバイクで移動する業務で活用(主な取付対象:原付、バイク)

配達業務などバイクで移動する業務で活用

業務用のバイクにドライブレコーダーを付けるといった事例は、今まであまりありませんでした。ですがタクシーやバスがそうであるように、業務用バイクにおいてもドライブレコーダーは必須の時代になりつつあります。

バイクは、安全運転を心掛けていればこれほど便利な乗り物はありません。しかし「いつもの道だから大丈夫」「顔が苦しいからヘルメットのあご紐をつけなくて良いや」「誰も見ていなから大丈夫だろう」といったことは誰しも考えてしまいます。
ドライブレコーダーは、運転者の意識を「誰も見ていない」から「記録されている」というように変える効果があります。その結果運転者は、運転時の緊張感が高まり、より安全運転の意識が高まるようになります。

また普段は中々確認することができない走行スピードや走行の軌跡、止まるべきところできちんと止まっているかなどを映像として記録に残すことで、運転手の癖を指摘したり、危機予測の回避指導を行うといった事故を起こさない、巻き込まれない安全運転の講習が可能となります。

タクシー、トラックなどの商用車や社用車などで活用(主な取付対象:自動車)

業務用車両や社用車などで活用

車載用ドライブレコーダーの歴史は、既に10年以上たっており、一般的な言葉としても浸透してきています。

ドライブレコーダーは、個人用と業務用の二種類に大別されますが、そのなかでも業務用のドライブレコーダーは、耐久性が重要となります。
タクシーはもとより、時には1日12時間以上、運転手が交代しながら走るバス、数百キロの長距離を走るトラックといった長時間、長期間酷使される状態でもきちんと動作することが必須といえます。
またカメラは前方だけではなく、後方や車内へもう1台設置することで、より詳細な記録を残すことができます。

取付完了までの流れ

取付完了までの流れ

お問い合わせ

ドライブレコーダーに関するご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。