法人様向け評価・検証用メモリ貸出サービスのご案内

サーバの仮想化には大容量のメモリが必須

サーバの仮想化には大容量のメモリの搭載が必須

サーバの仮想化とは、物理サーバ上で複数の仮想サーバを動作させることです。
複数のサーバが担っていたそれぞれの役割を集約できるので、サーバの購入費用や保守費用の低減、設置スペースのスリム化、消費電力の削減など様々なメリットが得られます。
また仮想環境は、バックアップや復元が容易なため、サーバに障害が発生しても、新しいものを調達して迅速に復元が可能です。BCP(事業継続計画)対策にも適しているといえます。

サーバの仮想化にはメモリ増設が必須

サーバを仮想化する場合、メモリリソースを複数の仮想サーバに分配させる必要があるため、大容量のメモリの搭載が必須です。
例えば、メモリを8GBに設定した仮想サーバを4台稼働させる場合、最低でも32GBのメモリが必要になります。またメモリの割り当ては、余裕があるほどパフォーマンスの向上や安定稼働に繋がります。このケースの場合は、16GBx4台分の64GBのメモリを搭載することを推奨いたします。

メモリを無料でお貸し出しいたします

アドテックでは、サーバの導入や仮想環境を構築予定のお客様へ動作確認用のメモリ貸出サービスを行っております。
ご購入の前に、アドテックのメモリが実際に動作するのかお試しいただけますのでお気軽にお申込みください。後日担当よりご連絡申し上げます。

法人様向け評価用メモリ貸出サービスの申し込み

サーバのメモリ構成についてお調べいたします

サーバにメモリを増設する場合、通常はサーバのシステム構成図からCPUプロセッサや最大搭載可能数などを確認してメモリ構成を決定します。その際メモリの電圧やチャネルも考慮する必要があります。
アドテックでは、お客様に最適なサーバ用メモリをご案内すべく、お客様からのお問い合わせを受け付けております。
サーバへのメモリ増設をご検討中でしたら、まずはお気軽にお問い合わせください。お客様のサーバに最適なメモリをご案内させていただきます。

サーバ用メモリ構成のお問い合わせ